引き寄せの法則は本当に存在するのか?使えるのか?

こんにちは、みのりんです。

みなさんも大好き(?)、引き寄せの法則のお話です。

引き寄せの法則は存在するか?

私は数年に渡って潜在意識や引き寄せの法則を勉強してきました。

本は100冊以上読みましたし、お金は30万円以上注ぎ込みました。もしかしたらお金はもっと使ったかもしれませんが、あまりに恥ずかしいので記憶から抹消しておりきちんと覚えていません。

そして、そこまで真面目に勉強しても、私は結局引き寄せの法則が存在するかどうかを確かめることはできませんでした。「存在する」とも「存在しない」とも言い切れないのです。

確かに、「車がほしいな」と思っていたら親戚が中古車をくれたという出来事はありました。これは引き寄せの法則でいえば引き寄せたことになるのかもしれませんね。

でも、私は別に「車を引き寄せてやろう」と意図してやったわけではありません。車がほしいなら自分でお金を払って買うしかないと思っていましたし、そのための準備もしていました。

 

「意図せず引き寄せの法則を使えるみのりんは引き寄せマスターだ!すごい!」

と思いましたか?

全然すごくないんですよ、これが。

だって、意図的に引き寄せの法則を使おうとしたときはことごとく失敗していたからです。

当時の私が死ぬほどほしかったのは彼氏であり結婚相手でしたが、どんなに引き寄せようと努力しても全く結果は出ませんでした。

 

これまたみじめな話なのですが、私は引き寄せの法則がうまく使えないことを認めたくなかったんですよね。

「私は引き寄せの法則が使えないんじゃない!彼氏や結婚は引き寄せられるまでにタイムラグがあるだけで、引き寄せ自体はちゃんとできてるんだ!」

と信じようとしていました。

そしてその思い込みを強化するために、私はなんでもかんでも「引き寄せだ引き寄せだ」と騒ぐようになりました。

・イチゴが食べたいと思っていたらデザートにイチゴが出た。(イチゴのシーズンだっただけ)

・焼肉が食べたいと思っていたら週末に焼肉が食べられた。(自分から誘っただけ)

・スタバのフラペチーノが飲みたいと思っていたら飲めた。(お金を出して買っただけ)

書けば書くほどみじめな気持ちになるのでこれくらいにしておきますが、要するに私はどんなささいなことでも引き寄せに結びつけたくて必死でしたし、客観的に見ればそれらは引き寄せでもなんでもないただのありふれた出来事でしかなかったということです。

引き寄せの法則は使えない

「類は友を呼ぶ」ということわざがあるように、似たもの同士が引き合うことは私たちの日常に溢れています。

だから、私は引き寄せの法則は存在するのだろうとぼんやり思っています。

しかし、これだけは断言しておきます。

私たちに引き寄せの法則は使えません。

引き寄せの法則というものがこの世界で働いていたとしても、それは私たちが自分で重力をコントロールできないのと同じように自分で使おうと思っても使えないものなのです。

 

確かに、インターネット上には引き寄せの法則を駆使してほしいものをなんでも手に入れているように見える人がいます。

でも、それは「そう見えるだけ」かもしれません。

 

パートナーを引き寄せたという人がいますが、パートナーを見つけている人は引き寄せを知らない一般人の中にも数え切れないほどいます。もっとひどい言い方をすれば、セックスの相手という意味なら大半のイヌやネコだってパートナーを見つけられるのです。

お金を引き寄せたという人がいますが、彼らの大半は「引き寄せ・潜在意識ビジネス」をしています。つまり、その方法を教えることで儲けているのです。それが悪いこととは言いませんが、引き寄せブームが始まって10年以上経つのに私の知る限り引き寄せマスター(なんでも自分の意図した通りに引き寄せられる人)が一人もいないのはどういうわけでしょう?引き寄せビジネスは雨後の竹の子のようにポコポコ生まれ続けているのに全く成果が出ていないのであれば、それはビジネスとして成り立っていないということにならないでしょうか?

 

自分が無駄な時間とお金を費やした鬱憤をここぞとばかりにぶちまけてしまいましたが(笑)、要はそういうことです。

引き寄せの法則は存在するかもしれませんが、私たちはそれを使えないのです。

もう、諦めましょう。

ほしいものを引き寄せようと引き寄せを頑張る労力があるなら、それを自分を認めてあげることに使ってみませんか?

そのほうがずっと手っ取り早く幸せになれますし、心が楽になりますよ。

 

コメント