「諦めてはいけない」は現実逃避?正しい諦め方

こんにちは、みのりんです。

引き寄せの法則や潜在意識にハマって「努力をせずに願いを叶えたい」と思い続けてきた私ですが、今は「結局努力は大事だなー」という当たり前の結論に至っています。

「努力」というとどうしても「大変」「苦しい」というイメージがつきまといますし、実際に苦労をすることも多いのですが、それでも自分の人生を自分で動かしているという充実感はとても心地の良いものです。

努力は万能?

努力は決して無駄なことではありません。

でも、努力すればなんでも叶うわけではないということを改めてきちんと認識しておく必要があります。

 

例えば、代表的な例が恋愛ですね。

あの人はいとも簡単に恋愛→結婚と進んでいるのに、私は彼氏の一人すら満足にできない……。

そんなことを思う人も多いでしょう。

私も恋愛がうまくいかないときに「努力不足」「魅力不足」とバッサリ切り捨てられてつらい思いをしたことがありますが、それが正しい意見ではないということはきっとおわかりだと思います。

 

全く出会いの場に行かなくても恋人が見つかる人もいれば、200人と出会っても恋人が見つからない人もいます。

普段から文句ばかり言っている人が結婚していることもあれば、悪口など言ったことがない人が独身でいることもあります。

もし見た目が全てなのだとしたら芸能人は全員恋愛に困らないことになります。

 

なにが言いたいかというと、世の中には努力ではどうにもならないことが存在するということです。

だからといって努力が全て無駄だというわけではなく、後悔を残さないためにもできる限りの努力はしたほうがいいとは思いますが、努力さえすれば全ての願いが叶うというのは幻想ではないでしょうか。

努力の方向性が狂ってしまった人

彼氏がほしいから出会いの場へ出向く、お金がほしいから資格を取って昇給を狙う……このような努力は現実的ですね。

しかし、これらの現実的な努力があまりにも報われないと私たちはおかしな方向の努力をしてしまいがちです。

 

「引き寄せの法則がうまく使えるようになろう」

「潜在意識をクリアにしよう」

「グラウンディングをしよう」

「龍のお告げが聞こえるようになろう」

「アファメーションを頑張ろう」

「瞑想してグラウンディングしよう」

「インナーチャイルドを癒やそう」

「ブロックを解除しよう」

 

これらは全部私が試したことです!

そして願いはなにも叶わず、幸せにもなれませんでした。

やり方がまずかったのでしょうか?もっと練習すればうまくなったのでしょうか?

きっと違いますよね。

私がやるべきことはもっと現実的な努力であり、その努力をできるだけ頑張ったあとはもう諦めるしかなかったのです。

諦めるのは悪いこと?

「諦めてはいけない!」

とは子どもの頃から嫌というほど聞かされてきましたが、私は紆余曲折を経て自愛にたどりついた今、こう思います。

「諦めてからでなければ進めない未来もある」と。

努力ではどうにもならないことにしがみつき、心地良い言葉を与えてくれる人だけを信じて甘い夢を見続けるのは単なる現実逃避です。

私は長い間現実逃避と「夢を諦めない」ことの区別がつかずに迷走していたので、あえてきちんと夢を諦めることで前に進むことができました。

たとえば結婚のことです。

容姿を磨き、出会いの場に積極的に出向き、笑顔で愛想良く接し、相手の欠点ではなく長所を探し……と、ここまでは努力しました。

しかし、それ以上のことはもうどうしようもないのです。

だから諦めました。「私は一生独身かもしれない」と。

これは「結婚なんて人生の墓場だ」という負け惜しみではなく、結婚したい気持ちの否定でもありません。

結婚したいという望みは持ちつつ、それは自力ではどうにもならないことだと認めただけなのです。

すると、今まで見えて来なかったものが見えてきました。

「もし一生独身だとしたら、私はどう生きたい?」という未来への問いです。

未来はそこから自分で作る

一生独身だとしたら。

昔の私であれば、ここで考えることをやめていました。

自分の望まない未来にフォーカスするとそれを引き寄せてしまうと本気で信じていましたし、そんな恐ろしい未来からはできるだけ目を背けていたかったからです。

でも、自愛をすると決めた私はどんなものからも目を背けたくなかったので苦しみながらも考えました。

一生独身だとしたら。

 

心を許せる友達と笑って生きていきたい。

老後に困らない程度のお金は貯めておきたい。

やっぱり恋人はほしい。

 

そんなことを思いました。

そして私は前へ進み始めたのです。

 

友達を大切にしよう。

無理のない範囲でお金を貯めよう。

恋人を探す努力はしよう。

 

結婚できたら最高にうれしいけれど、それが叶わなくても幸せと思える未来を自分で作りたい……

そう思えるようになったのは、きちんと諦めたからだと思います。

努力すべきところと諦めるべきところを見極められるようになったのは、やはり自愛のおかげです。

 

 

コメント