「愛されている」も「愛されていない」も結局同じこと

こんにちは、みのりんです。

「いちばんわかりやすい自愛ブログ」なのになんともわかりにくいタイトルをつけてしまいました。

「愛されたい」のその先は?

私のブログの読者さんには恋愛で悩んでいる人が圧倒的に多いのですが、中でもよく見かけるのが「彼に愛されたい」という気持ちです。

こじらせている人は「別に愛されたくないもん」「男なんていなくても生きていけるし」と変に強がったりするので「愛されたい」と素直に認められること自体、とても勇気のあることだと思います。

「愛されたい」ということは弱みを見せることと同じなので、とても無防備なんですよね。

自愛をするということはありのままの自分を認めるということなので、無防備になれるというのは自愛がうまくいっている証拠でもあります。

しかし。

「彼に愛されたい」という気持ちを認めたところで「……で?」とストップしてしまっている人もいます。

別にストップしても構わないのですが、もし少し先に進みたいということであれば次の手段を考えましょう。

もし愛されているとしたら?

「愛されたい」と願っている人は、「愛されている証拠」と「愛されていない証拠」の狭間で揺れ動いています。

「2件もハシゴして両方奢ってくれたから愛されてるはず!」
「ラインを送ったのに2日も既読スルーなのは愛されてないってこと?」

というように。

この状態で「愛されたい」という気持ちだけ認めていても、彼の一挙一動に振り回されるだけで現状はあまり変わりません。

そのときに考えてみてほしいのが、「もし愛されているとしたら?」という問いです。

もし愛されているとしたら、あなたはどう振る舞いますか?

もし愛されているとしたら、あなたは彼の行動をどう捉えますか?

そこを掘り下げてほしいのです。

愛されてるなんて思えません!

とはいえ。

「そっか~♡じゃあ愛されてるつもりで振る舞ってみよう~♡」

とスーパーポジティブに切り替えられる人はそもそもこのブログを読む必要もなく自己流で幸せになっていると思います。

たいていの人は

「愛されているなんて思えません」
「愛されているつもりで振る舞えと言われてもどうしたらいいかわかりません」

と言います。

人間というのはポジティブな想像よりネガティブな想像のほうが得意な生き物なのでそれも仕方ないかもしれませんね。

 

そんな人への次なる提案は、「もし愛されていないとしたら?」と考えてみることです。

もし愛されていないとしたら、あなたはどう振る舞いますか?

もし愛されていないとしたら、あなたは彼の行動をどう捉えますか?

 

もう少しアシストしましょう。

「なにをやっても愛されないのだとしたら、あなたはどう生きますか?」

いかがでしょう。

あなたが今とても落ち着かない気分なのは、「愛されてるかも」と「愛されてないかも」という答えのない選択肢を絶えずウロウロしているからなのです。

だから、強制的に一度答えを決めてしまうんですね。

あなたは愛されていません。

なにをしても愛されません。

……で?どうするの?

ということです。

 

いつもニコニコ笑顔でいれば愛されるかも?と思うと無理に笑顔を作りたくなるかもしれません。

でも、笑顔でいなくても愛されているのだとしたら無理して笑顔を作る必要はないですよね。

さらに、笑顔でいても愛されないと確定しているのだとしたら無理して笑顔を作る意味はないですよね。

おわかりでしょうか。

結局たどり着く結論は同じなんです。

自愛において大切なのは「あなたがやりたいように振る舞うこと」なのですが、「やりたいことはなんですか?」と尋ねると「彼に愛されることです」などと自分を置き去りにした答えが返ってくることが多いので、少々回りくどいですが「彼に愛されていないとしたら?」というプロセスをたどってみました。

現実は関係ない

最後に補足をしておきますが、「愛されているとしたら?」「愛されていないとしたら?」という掘り下げ方において、現実は全く関係ありません。

「愛されていないとしたら……いやいや、でも、この前好きって言ってくれたし」

などと現実の証拠を集め始めてもなんの意味もないんですね。

ですから、現実はいったん無視してください。

無視できないなら、彼の言動や行動と「愛されている」「愛されていない」を結びつけるのを一旦やめてください。

全てのことは、ただ彼がそうしたかったからで、あなたを愛してる証拠でもなければ愛していない証拠でもないという前提で感情を掘り下げてみてくださいね。

【電子書籍】

いちばんわかりやすい自愛マニュアル

 

【自愛ノート・感想】

友だち追加

 

【完全無料ラジオ】

ドーナツ自愛ちゃんねるピンクドーナツ

※いただいたコメント・LINE@のトークは、個人を特定されない範囲においてブログ・ラジオ・その他「みのりん」名義で活動する媒体で許可無く紹介される可能性があることをご了承ください。

 

コメント