やるべきかやめるべきか?それが問題だ

こんにちは、みのりんです。

今日は行動のお話。

なにかを「やろうかな……」と思い立つことって結構あると思うのですが、実際それを行動に移せる人はそんなに多くないと思っています。

なぜ行動に移せないのか?

その答えはすごく簡単で、要するに「失敗したくないから」です。

行動しなければ絶対に失敗しませんからね。

もちろん成功もしませんが、派手に失敗するよりは現状維持のほうがダメージが少ないので安全です。

 

私のブログの読者さんは、社会にうまく適応している人が多いです。

「普通にいい子」の集大成みたいな人たちです。

ドカンと派手に稼ぐこともないが細々と納税はしている。

容姿を商売にできるほどではないが他人を不快にするほどではない。

聖人君子や聖母マリアというわけではないが迷惑なほど癖が強いわけではない。

……というような人たちです。

私も含めて、ね(異論は認めます)。

そういう人たちは「普通にいい子」であるがゆえに冒険ができません。

「やろうかな、どうしようかな」と悩んだときはたいてい「やらない(または先延ばしにする)」という選択を取ります。

新しいことに挑戦しなければ「普通にいい子」でいられるのに、挑戦してもし失敗すれば「変な子」「ダメな子」になってしまうかもしれないと思うと怖いからですね。

だから、挑戦しないというのはある意味正常だとも言えます。

後先考えずなんでもかんでも挑戦するのは「バカ」「向こう見ず」とも言いますし。

 

ただ、私はそれでも挑戦することを後押ししたいのです。

自分の心の声を無視してどうしても「普通」という肩書きにしがみつきたいなら引き留めはしませんが、私だったら自分が死ぬときに「あ~普通の人生を送れてよかった~」と思いながら死ぬのはなんだかもったいないと思うからです。

厳密には「逆をやろう」ということなのでガンガン行動してばかりの人には「ちょっと落ち着いて考えろ~」と言いたいのですが、私のLINE@で送られてくるメッセージを読む限りそういう人は今まで2人くらいしかいなかったのでひとまず置いておきます。

(心当たりのある2名は落ち着いてね!笑)

 

これはなにも留学とか起業とか大きなことだけではないんですよ。

そういえば先日、友人が「マッチングアプリをやろうかどうしようか」と悩んでいました。

私が「悩むならやりなよ」と言うと、「やるのはやるけど、時期をいつにしようか……」。

なにか時期的に不都合があるのか?

今始めればお花見デートに間に合うじゃないか!

とゴリ押しすると、

「今週末旅行に行くから……」

???

要約すると、「今週末は旅行に行くから、返信が遅くなったりもしデートに誘われた場合は断ったりしなければならないかもしれないから、やめておこうか」ということのようです。

や、や、や……

やめるなーっ!とっととやれーっ!

と午後22時のコメダ珈琲店で大好きなサマージュースを飲みながら叫んだのでした。

「そんなにゴリ押ししなくても、たかが旅行くらいどっちでもいいじゃない。先延ばししたってどうせ1週間程度でしょ」と思われるかもしれませんが、この例外を認めると「会社の決算期だし」「年度末だし」「新天皇の即位だし」などともはや関係のない理由まで探してきてズルズルと先延ばしになるのが真面目な人という生き物なのです。

 

このように私に多少乱暴でも良いから後押しをしてほしいという方はLINE@でメッセージをください。

後ろからお尻を蹴飛ばすような感じで応援いたします。

【電子書籍】

いちばんわかりやすい自愛マニュアル

 

【自愛ノート・感想】

友だち追加

 

【完全無料ラジオ】

ドーナツ自愛ちゃんねるピンクドーナツ

※いただいたコメント・LINE@のトークは、個人を特定されない範囲においてブログ・ラジオ・その他「みのりん」名義で活動する媒体で許可無く紹介される可能性があることをご了承ください。

 

コメント