自愛ができる人ってそもそも元気なのかもしれない

こんにちは、みのりんです。

今日はただのぼやきです笑

 

なんかね、ふと思ったんです。

「自愛をやろうと思ってきちんと実践できる人って、そもそも心が元気なのかもしれない」と。

みのりん流自愛って、世の中に溢れている潜在意識や引き寄せ系のメソッドとは全く正反対なんですよ。

どういうことかご説明しますね。

 

世の中のメソッドは「とにかくプラス思考!」「叶えたいことをイメージすれば絶対叶う!」「お股さえケアしていれば女性は幸せになれる!」というように、方向性がしっかり定まっています。

だから、真似するほうは簡単ですし、迷いがないんですよね。

でも、自愛はそうではありません。

私は「自分の思考・感情を認めましょう」「行動しましょう」しか言いませんし、正解や不正解はありません。

ある人には「彼をデートに誘え」と言うし、ある人には「彼から誘われるまで待て」と言います。

それは、その人が置かれた状況や考えていることが違うからです。

だから、自愛って難しいのだと思うんです。

 

心が弱っている人は、そもそもなにかにすがりたくて仕方がないんですよね。

自分の全てを預けられる「救世主(メシア)」のような人を求めていて、その人の言葉が力強ければ力強いほど「この人の言う通りにすれば間違いない……!」と心酔してしまうのです。

説得力のある物言いは詐欺師でもできるんですけどね。

だから、そういう人はそもそも自愛をやりたくならないでしょうし、やってもうまくいかないのだと思います。

 

私がブログを始めたばかりの頃は、そういう人がわんさかいたんですよ。

私のLINE@に始終メッセージを送りまくってきて、

「これは合ってますか?」

「これは自愛的にNGですか?」

「彼の心理はどうだと思いますか?」

などと、私にわかりようのないことまで全て尋ねてくるような人がたくさんいました。

そういう人には結構強めに「自分で考えて」と伝えたり「それは自愛じゃないから私に聞かないで」と怒ったりしたので徐々にいなくなりましたが、それでもこういう人は多いんだろうなーと思ったのです。

すがるものがほしい人に対して「何物にもすがるな。自分で考えろ」と言ったところで無意味です。

残念なことですけど。

 

私は女性全員が自愛をやればいいと思っているし、自愛をやることによる副作用はなにもないと思っています。

義務教育で教えたほうがいいと本気で思っているくらいです。

でも、そうやってショートカットをしてもきっと響かないのだろうな、とも思うんですよね。

過去の私がそうだったように。

「自愛?自分の感情を認める?で?認めてなにになるの?」

「行動しろ?行動したくないから潜在意識の書き換え方を知りたいんだよ!」

くらいにしか思っていませんでしたから。

で、ボロ雑巾のようになってから気付いたんですよね。

感情を認めたって何にもならないけど、それはとても心地の良いことだと。

潜在意識など書き換える暇があったらさっさと行動したほうがずっと結果が出やすいこと。

そして、世の中には絶対幸せになれる法則など存在しないことにも……。

 

だから私は、このブログで「潜在意識」「引き寄せの法則」というワードをたくさん使っています。

いつか、そちら方面で迷子になった人の目に止まりますように。

【電子書籍】

いちばんわかりやすい自愛マニュアル

 

【自愛ノート・感想】

友だち追加

 

【完全無料ラジオ】

ドーナツ自愛ちゃんねるピンクドーナツ

※いただいたコメント・LINE@のトークは、個人を特定されない範囲においてブログ・ラジオ・その他「みのりん」名義で活動する媒体で許可無く紹介される可能性があることをご了承ください。

 

コメント