自分にお金をかける=自愛?

こんにちは、みのりんです。

自分にお金をかけるというと、いかにも「自愛」っぽいですよね。

「自分に高価なものをプレゼント♡」というとすごく自分を大事にして愛している雰囲気が出ます。

ええ、雰囲気が出るのです笑

でも、その雰囲気が実は怖いものだったりするんですよね。

 

このブログをお読みの方ならだいたいおわかりかとは思いますが、

金額が高い=自分を愛している

金額が安い=自分を愛していない

ではありません。

金額が高くても気に入っていないものなら意味がないし、金額が安くても気に入っているものなら価値があります。

それは、当たり前といえば当たり前。

思考停止状態に陥っている人は自分にお金を使えばなんでも自愛だと勘違いしていますが、ちょっと考えれば金額の大小は問題ではないとわかるはずです。

 

でね。

実は、ここまでは前置きなんですよ。

「金額より自分にとって価値のあるものを選びましょう」

なんて、わざわざ私に言われなくてもみなさんご承知だと思います。

でも、世の中はそんなに簡単に割り切れるものではありませんよね。

例えば、

・1万円だけど100%の満足度のアイライナー

・千円だけど70%の満足度のアイライナー

どちらを選べばいいのでしょうか?

「1万円くらいなら自己投資だわ」と思ったそこのあなた。

これならどうですか?

・300万だけど満足度100%の車

・150万だけど満足度80%の車

悩みませんか?

 

私はなにも、正解を求めたいのではありません。

そもそも正解なんてありませんからね。

私が言いたいのは、このような微妙な選択こそ自分の頭をフル回転させて自分と向き合ってほしいということです。

価値観って、本当に人それぞれですよね。

アイライナーのように毎日使うものこそ満足度を重視したいという人もいれば、そこそこの仕上がりであれば気にしないという人もいるでしょう。

車は最低限の機能さえあればいいという人もいれば、高い買い物だからこそ妥協したくないという人もいるでしょう。

自分がなにを重視し、なにを妥協できるのか?

それを深く深く掘り下げていくのも自愛です。

もちろん、一発で正解が出せるとは限りませんから、もしかすると失敗することもあるかもしれません。

でも、自分で一生懸命考えて選んだ結果であれば、それがたとえ失敗に終わったとしても「いい勉強になった」と思えるはずなのです。

 

自愛になっていないと思うのは、自分の満足度のみに焦点を当てて身の程をわきまえていない人です。

自由に使えるお金が限られているのに、「絶対妥協しない♡」「私の周りにはトキメくものしか置かないって決めてるの♡」などと自分をごまかしながら湯水のようにお金を使うのは、自愛ではなく見栄っ張りといいます。

上を見ればキリがないし下を見てもキリがないのがこの世の中です。

自分のできる範囲でいかに「快」を追及できるかが、あなたの腕の見せどころだと思いますよ♡

【電子書籍】

いちばんわかりやすい自愛マニュアル

 

【自愛ノート・感想】

友だち追加

 

【完全無料ラジオ】

ドーナツ自愛ちゃんねるピンクドーナツ

※いただいたコメント・LINE@のトークは、個人を特定されない範囲においてブログ・ラジオ・その他「みのりん」名義で活動する媒体で許可無く紹介される可能性があることをご了承ください。

 

タイトルとURLをコピーしました