デートの予定が気になって先約が入れられない

こんにちは、みのりんです。

こういう方、よくいらっしゃいます。

で、そういうときにやってしまいがちなアドバイスが

「先約入れても大丈夫だよ!私も最初は怖かったけど別に嫌われたり怒られたりしなかったよ!」

というようなものです。

私も昔はこういうアドバイスをしていましたが、これがまぁビックリするほど効き目がないんですね。

返ってくるのはいつも

「みのりんはそうだったかもしれないけど……」

「みのりんの彼氏はそうかもしれないけど……」

という言葉ばかりでした。

要するに、先約を入れる入れないという問題だけでなく全てのことにおいて、「私と彼の関係においては○○だ」と本人が信じ込んでいるのですね。

「先約を入れるともう誘われなくなる」

「先約を入れると嫌われる」

「言いたいことを言うと彼は怒る」

「割り勘にしないと振られる」

というように、自分で信じてしまっていることが全てなので他人がいくら「大丈夫だよ」というアドバイスをしたところで無意味なのですね。

 

というわけで、私はこう返しました。

こういうことです。

「怖い、怖い」ではなにも進まないので、

・なにがそんなに怖いのか?

・どうなりそうで怖いのか?

・そうなったら結局どんな最悪の結末が待っているのか?

をリアルに想像することで一歩前へ進むことができます。

もちろん、その思考の過程を全部すっ飛ばして体感してしまってもいいんですよ。

つまり、「先約を入れてみる」ということです。

想像するより手っ取り早いですね!

「そんなことできません」という人のほうが多いので無理強いはしませんけどね。

 

それからもう少し掘り下げるなら、

予定のあと会いたいって言ったら目処つかないからいいよって言われるのも想像しました

の先もさらに想像してみるといいかもしれないですね。

彼女「予定のあと会いたい」

彼氏「目処つかないからいいよ」

彼女「」←ココ!

いつものあなたならどうしますか?

そして、いつものあなたの逆をするとしたらどうなりますか?

これは私の勝手な想像ですが、例えばいつもは

彼氏「目処つかないからいいよ」

彼女「そっか……ごめんね……」

彼氏「別に……」

となっているのだとしたら、その逆パターンはこうなります。

彼氏「目処つかないからいいよ」

彼女「そっか~了解!じゃあまた今度ね♡

彼氏「えっ、」

なにが正解かが問題ではなく、なにが自分にとって幸せかが問題です。

つまり、いつも同じパターンを繰り返していてあまり幸せでないのだとしたらその逆をしなければなりませんし、あなたが逆をやれば彼の反応もまた逆になる可能性もあるわけです。

(あなたがなにをやろうが彼の反応が一定の場合もあります。その場合はむしろ収穫です!あなたがどう振る舞おうが自由という証明になるので)

先約を入れる入れないという「逆」もあれば、先約を入れたあとの反応の仕方の「逆」もあり、そうやっていろいろな「逆」をやっているうちにちょうど良いバランスが見つかるのかもしれませんね。

ちなみに、このラインをくれた方は勇気を出して先約を入れたそうです!偉い!

みなさんも見習って頑張りましょう♡

【電子書籍】

いちばんわかりやすい自愛マニュアル

 

【自愛ノート・感想】

友だち追加

 

【完全無料ラジオ】

ドーナツ自愛ちゃんねるピンクドーナツ

※いただいたコメント・LINE@のトークは、個人を特定されない範囲においてブログ・ラジオ・その他「みのりん」名義で活動する媒体で許可無く紹介される可能性があることをご了承ください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました