引き寄せの法則が存在するかは問題ではない

こんにちは、みのりんです。

私はたびたび「引き寄せの法則なんてないよ」と言ってきたのですが、その表現だと誤解を招きそうなので説明しておきますね。

引き寄せの法則があるかないかなんて、本当はどっちでもいいんですよ。

引き寄せ反対派の私ですら、その存在を否定しているわけではありません。

引き寄せの法則が存在するのだとしたら、「あぁそうですか」という感じです。

私は説明の都合上わかりやすいように「引き寄せはない」と表現することがありますが、正しい言い方をするなら

「引き寄せの法則は(もしかしたら存在するかもしれないけど一個人にそれを使いこなすのは無理だし、仮に使いこなせたところでそれが幸せにつながるわけではないので必死になって取り組む意味が)ない」

という感じでしょうか。

だから、やりたい人はやったらいいと思うんですよ。

引き寄せの実験が楽しくて楽しくてたまらない人は、もうその瞬間が幸せなわけじゃないですか?

それなら最高なことですし、仮に私が「引き寄せなんて意味ないよ」と言ったところで「意味なんかいらないの。楽しいからやってるの」と言い返されるのがオチです。

でも、大半の人はそうじゃないわけですよ。

引き寄せそのものを楽しんでいるわけではなくて、どうしていいかわからないまま苦しみながら思考の修正などをやっていて、そのうえ欲しいものなど何一つ手に入らないという悲惨な状態に陥っています。

だから私はその苦しみをどうにか断ち切ってほしくて、「引き寄せより自愛をやろうよ」と言っているわけです。

 

でね。

ちょっと話がずれるかもしれませんが、引き寄せの法則にどっぷり浸かっている人って、いわば「引き寄せ教」に入信しているのと同じことなのです。

別に信仰は自由なんですよ?

自由なんですけど、信仰が行きすぎると地に足の着いていないヤバいやつになるので、日常生活がうまくいかなくなります。

だから過剰な信仰からは抜けだしたほうがいいと思うんですよね。

ではどういう人が「引き寄せ教」かというと、全ての事柄を引き寄せに絡めなければ話ができない人です。

ええ、過去の私ですね!笑

恋人ができないのも、

給料が安いのも、

上司が意地悪なのも、

ぜーんぶ引き寄せの法則がうまく使えていないせい!

……という超絶危険思考だったわけですね。

出会いの場に出かければ、

転職をすれば、

上司に「それは傷つくので言わないでください」と言えば、

もしかしたら状況は好転したかもしれないのに、それを無視して全ての原因を引き寄せに求めてしまうのが引き寄せ教です。

こうなると、周りの人と話が噛み合わなくなるのでまともな社会生活が送れなくなります。

社会とは人間と人間のつながりでできているものなので、あまりに特殊すぎる人が生きづらくなるのは仕方のないことですよね。

 

ここでは「引き寄せ教」を例に出しましたが、他のことでも同じですよ。

なにかにつけて「守護霊が~」「龍が~」という人は「守護霊教」や「龍教」ですし、全ての原因を血液型に見出す人は「血液型教」です。

そういう人は話をしていて疲れるので、もっと地に足をつけて生活してほしいと思います。

 

そういえば先日、ラインを送ってきた方の中に「前者後者教」の人がいました。

(※前者後者…心屋仁之助氏が考案したタイプ分けの概念。現在は「飛ぶ族(後者)」「飛ばね族(前者)」とも呼ばれている)

その方がね、言うんです。

「後者の彼の性格を、みのりんは前者だから理解できない部分もあるかもしれません」

って。

目玉がこぼれ落ちるかというくらい驚きましたね。

「えっ、そこで前者後者持ち出すんだ?」って。

私はそもそも彼の性格分析などしていないんです。

私は相談者さんの絡まった感情や気付いていない思考を指摘するだけです。

それなのに「みのりんは前者だから」とか言われたら、もうなにも言えないですよね。

「あ、そうですか、じゃあ後者の彼のことを理解しているあなたが自分でなんとかすればいいんじゃないですか」としか思えなかったです。

ちなみに私は心屋氏にそこそこ詳しいので前者後者についてもよく知っていますが、発案者の心屋氏ですら

「なんでもかんでも当てはまるわけじゃないからな。こうやってグループわけして『あるある~』って遊んでるだけやねん(笑)」

と言っていたのに、この方の場合はもう「あるある」の範囲を超えていますよね。

 

これが「○○教」の本当の恐ろしさです。

もっと現実的に考えればいくらでも事態を好転させる方法はあるのに、自分の信じているものだけにすがって周りからどんどん見放されていくという……。

だから「○○教」はやめて、もっと現実的に生きてほしいのです。

ちなみに、「自愛教」「みのりん教」にもなっちゃダメですよ。

なんでもかんでも「自愛では~」「みのりんがこう言ってたし~」なんて言い始めたら友達がいなくなります。

自愛の伝道師の私ですら、リアルでは自愛の話など一切しませんからね。

本当に地に足が着いた人ってみんなそうだと思います。

神父様やお坊さんだって職業として求められるからああいうありがたい説法をしているだけで、おやつタイムや会食の席で「神が~」「仏が~」なんて言ってないですよ。

きちんと切り替えができているんです。

みなさんも自分で切り替えられるようになってくださいね。

【電子書籍】

いちばんわかりやすい自愛マニュアル

 

【自愛ノート・感想】

友だち追加

 

【完全無料ラジオ】

ドーナツ自愛ちゃんねるピンクドーナツ

※いただいたコメント・LINE@のトークは、個人を特定されない範囲においてブログ・ラジオ・その他「みのりん」名義で活動する媒体で許可無く紹介される可能性があることをご了承ください。

 

タイトルとURLをコピーしました