【質問】モヤモヤが消えません。どうしたらいいですか?

【結論】放置でOK。

こんにちは、みのりんでした。

 

……。

この話、何度も書いていますが何度でも書きます。

そして優しい言い方では伝わらないみたいなので今日は過激な表現でお届けします!

 

「モヤモヤが消えません」

「元彼が吹っ切れません」

「失恋の傷が癒えません」

「執着が取れません」

「自分を好きになれません」

「自信がつきません」

なんでも同じことです。

私はいつも「そのままでいいよ」と言っています。

そのままとはどういうことかというと、ただ感情や思考を垂れ流すだけでいいということです。

見て見ぬフリをしたり、

否定したり、

ねじ曲げたり、

覆い隠したり、

なかったことにしたり、

ポジティブに言い換えたり、

そういうことをしないように気をつけながら垂れ流せば、それが自愛だよ!とお伝えしているのですね。

でも、これがなかなかどうして伝わらないようです。

やっぱり、「感情の修正!」「思考のコントロール!」「潜在意識の書き換え!」などの他のメソッドと混同されている部分もあるのでしょうね。

 

というわけで、「放置でOK」とはどういうことか、たとえ話を用いて説明します。

「モヤモヤ」「執着」などを排泄物にたとえます。

「汚い!」とかいって拒否反応を示す潔癖な方がときどきいらっしゃいますが、そういう人は自分が排泄物を出さなくなってから文句を言ってください。

イエス・キリストだって「この中で罪を犯したことのない者だけがこの女に石を投げなさい」と言いましたよね。

モヤモヤした感情は排泄物です。

あなたは排泄物をトイレで排泄します。

この場合のトイレとは「自愛ノート」を指します。

ノートでもスマホのメモアプリでも私のLINE@でもなんでもいいんですけどね。

そして私は普段、こんなことを言っています。

「我慢しないできちんと排泄しましょう。でないと人前で漏らしますよ」

「あなたの排泄物はウ○コです。決してチョコレートマシュマロではありません。現実逃避しないでください」

「『ウ○コが出た……!私はなんて汚い人間なの!?』と絶望しないでください。それを汚いというなら人間は皆汚いです」

とかね。

その中で「排泄物は放置でOK」という教えがあるのですよ。

放置でOKといったら放置でOKなんです。

「あ~出た出た」でいいんです。

な の に !

いじくり回す人がいるんですね~笑

「こんな下痢便が出るということは私の潜在意識にまだなにかトラウマがあるんでしょうか?」

「出しても出しても止まらないのですが私はどこかおかしいんでしょうか?」

「ウ○コにトウモロコシの皮が混じっていたのですが、こんな私が彼氏を欲しがっていいのでしょうか?」

「みのりんみのりんみのりん!教えてください!!!」

知るかーーーーーーー!笑

だから放っておけと言っているじゃないですか(白目)

いじらなくていいんですよ。

観察したり分析したりしなくていいんです。

 

そりゃあね、気持ち悪いのはわかりますよ。

バナナ状のウ○コが毎日決まった時間にプリっと出れば、それは理想でしょう。

でも、理想と違うからといって、もう出てしまったものをぐちゃぐちゃいじらなくていいんですよ。

ただ粛々と垂れ流していって、あとは普通の生活に戻ればいいのです。

みんなウ○コに重きを置きすぎです。

毎日セルフ検便して勝手に苦しむのって疲れるでしょ。

 

何度でも言います。

ごちゃごちゃいじらないでください。

即座に解決しようとしないでください。

あのね~

「自愛をすればモヤモヤがなくなる」

とか、言ってませんからね(涙)

「モヤモヤしても自愛があるからそのまま進めば大丈夫」

と言っているんですからね(涙)

どうかどうか理解してください(涙)

お願いします(涙)

【有料コンサル】←New!!

電話コンサル、はじめました!

 

【電子書籍】

いちばんわかりやすい自愛マニュアル

 

【自愛ノート・感想】

友だち追加

 

【完全無料ラジオ】

ドーナツ自愛ちゃんねるピンクドーナツ

※いただいたコメント・LINE@のトークは、個人を特定されない範囲においてブログ・ラジオ・その他「みのりん」名義で活動する媒体で許可無く紹介される可能性があることをご了承ください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました