結婚しました!

こんにちは、みのりんです。

明けましておめでとうございます。

そしてご無沙汰しています。

ラジオやラインでは変わらず活動していましたが、ブログが全く更新できておらず申し訳ありませんでした。

 

さて、久々の更新はご報告の記事です。

2020年1月10日に結婚しました!

ブログでもラジオでもなんのお話もできていなくてごめんなさい。

友達のなかにも婚約破棄に至ってしまう人が何人かいたりしたもので、もし無事結婚まで至らなかったら今度こそ本当に立ち直れないかもしれない……と思い、お知らせするのが遅くなりました。

相手は5歳年上の会社員男性で、婚活アプリで知り合った人です。

付き合って1年の記念日に入籍しました。

 

20代前半の頃からとにかく結婚願望の強かった私ですから、もちろんうれしい気持ちはすごくあります。

でも、今いちばん感じているのは

「自愛がなければきっとこの結婚はダメになっていただろうな……」

というヒヤヒヤするような気持ちです。

他人が自分の人生に大きく浸食してくるときというのは、すごく感情が揺さぶられますよね。

私の場合は母との摩擦がひどく、一時は生きることさえやめたくなって本当に苦しい経験をしました。

みのりん、カウンセリングに通う

自愛を知っていてもなおカウンセラーの手を借りなければならないくらい大変だったのですから、もし自愛を知らなかったらと思うとゾっとします。

 

ま、暗い話はこのへんでやめましょう!笑

結婚するとなるとよく聞かれるのが

「決め手はどこ?」

決め手、というと私に決める権利があるみたいでなんだか恐縮してしまうのですが、しいて言うなら「私を変えようとしなかったところ」ですかね。

夫は私を一切変えようとしませんでした。

笑いたいときに笑わせてくれる。

泣きたいときに泣かせてくれる。

感じたいことを感じさせてくれる。

そんな人です。

笑っているときに「調子に乗るな」とか、

泣いているときに「泣くな」とか、

なにかを感じたときに「そう感じるのは間違ってる」とか、

一切言わない人です。

これって自愛のやり方に似てますよね!

私の感情や思考を修正せず「そっかそっか、みのりんはそう思ったんだね」と尊重してくれるので、夫と一緒にいるだけで自愛になりました。

決め手があるとすればそこです。

 

ちなみに、プロポーズはありませんでした。

私の父が

「お前ももうすぐ30だろう!早く結婚しろ!相手がいないならお見合いをさせる!」

と言い出し、

みの「父がこう言ってるんだけど……」

夫「じゃあ挨拶に行こう」

という感じです笑

プロポーズはありませんでしたが、なんの迷いもなく父に会いに来てくれて新居や指輪やその他もろもろの決め事も全て主導で動いてくれたので、私はそのたびに誠実さを感じました。

ノロケは山ほどありますが、まぁそれはおいおい。

 

そんなわけで急なご報告になって失礼しました。

数名の読者さんからは「みのりんもしかして結婚?おめでとう!」とノストラダムスも真っ青の予言ラインをいただきまして本当にありがとうございました笑

他にもいろいろ書きたいことはあるのですが、今日はこのへんで~♡


【有料コンサル】※募集停止中

電話コンサル、はじめました!

 

【電子書籍】

いちばんわかりやすい自愛マニュアル

 

【自愛ノート・感想】

友だち追加

 

【完全無料ラジオ】

ドーナツ自愛ちゃんねるピンクドーナツ

※いただいたコメント・LINE@のトークは、個人を特定されない範囲においてブログ・ラジオ・その他「みのりん」名義で活動する媒体で許可無く紹介される可能性があることをご了承ください。

 

タイトルとURLをコピーしました